9月定例会(令和2年度決算)について

9月定例会の議題である令和2年度決算の一般会計について報告します。

 

令和2年度決算の一般会計の歳入は1,781億円
歳出は1,710億円と過去最高となりました。

内容の説明に入る前に一般会計の過去5年間の推移は次の通りです。

グラフを見て分かるように、令和2年度の歳入・歳出は
それまでの年度よりも大きく伸びています。(約400億円!)

その要因としては、新型コロナウイルス対応です。

一番大きな要素は緊急事態宣言が発令されたことを受け
国の事業として家計の支援を行うために
「特定定額給付金」(388億円)を実施したことです。
(国民全員に10万円が支給されましたね)

この事業の歳入は国庫からの補助金で実施しています。

他にも、岡崎市独自で「新生児特別給付金」、「プレミアム付商品券」
「給食費の無償化」、「水道基本料金の減免」など
市民の生活を守り、経済の活性化に寄与する取り組みを実施しました。

教育に関する内容としては、タブレット型情報端末を
市内の小中学校の全児童生徒に貸与しました。
以降、新型コロナウイルスが感染拡大している中で
登校できない場合でも、在宅で授業を受けることも可能となりました。

では、これだけの歳出があって市の財政は大丈夫なの?といった観点で
若干触れていきたいと思います。

上のグラフのように、歳入と歳出の差引は72億円です。
このうちの19億円の繰越事業充当財源を差し引いた
53億円が純剰余金となります。
つまり、令和2年度では53億円を余らすことができました。

また、市が実施する事業は
歳出をするには歳入がセットになっており
国や県からの補助金や交付金を有効に活用して
バランスを取れた運用としています。

では、余らすことができた53億円はどうなるのでしょうか
この53億円は純剰余金と言いますが、
その内35億円は財政調整基金に積み立て
残りの18億円は令和3年度への繰越金となります。

では財政調整基金とはなんなのか?
これは市の財政にとっての調整弁となっており
毎年当初予算の段階で40億円程度を一般会計で活用していますし
大規模災害などの不足の事態が発生した場合に活用します。
一方で純剰余金からの積立や予算からの積立を行い
年度末の残高を維持しています。
岡崎市では100億円程度が適正規模と設定して運用しています。

ご覧のように財政調整基金の年度末残高は
120億円を超える水準で推移しています。
(適正水準の100億円以上を確保)

こうやって見てみると、岡崎市は健全な財政運営に努めていると言えますね。

 

正直に言うと、決算の数字を見てもピンと来ないし(数字に弱いから)
それがどうなのかもよくわからない。。。と思っていました。

過去からの推移はどうなのか?
グラフにすると変化が見えやすいですね。

今回は初めての決算であり、分からないこともいろいろありました。
その一端を記録として掲載しました。
いわば自分のメモです。

 

長文となり失礼しました。

最後まで見て頂きありがとうございましたm(_ _)m