佐藤てつろう地元後援会発足総会を開催

7月5日(日)佐藤てつろう地元後援会発足総会を開催しました。

 

 

後援会にご加入頂いた方々にご参加頂いて後援会の総会を開催しました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにできる対策をいろいろ実施しました。

①本来であれば地元北野町の公民館をお借りするところですが、今回は三菱自動車の体育館をお借りして広いスペースに間を空けて皆さんに座って頂けるようにしました。

②ご参加頂く皆さんには事前にマスクの着用をお願いしました。

③入口にて非接触型の体温計でのチェックを実施しました。

 

ご来賓の皆様にはお忙しい中ご出席頂き、誠にありがとうございました。

また、ご挨拶では過分なるお言葉を頂きました。

内田市長、重徳代議士、北野学区総代会の皆さん本当にありがとうございました。

 

さて、私からのご挨拶は次の流れでした。

まずは皆様への御礼です。

発足総会にご参加頂いた皆様。多くの方に後援会にご加入頂いた皆様。

後援会加入活動に取り組んで頂いている皆様。

佐藤てつろう地元後援会の役員となって頂く皆様。

発足総会の準備をして下さった皆様。

本当にありがとうございました。

 

多くの方々にお支え頂いて今の私があることをここ数か月強く感じています。

また、そういった方々のお支えがなければ市議会議員の仕事はできないんだろうなとも感じています。

 

皆様のお支えにお応えするのは市議会議員としてしっかりと活動していくこと。

その活動の基本となる考え方は次の三点です。

①お支え頂いている皆様の声をしっかりと聴くこと。

皆様の声の中に取り組むべき政策があるはずです。

その声をしっかりと聴いていくことが議員としての活動のスタートになると思っています。

 

②合意形成に努めること。

多くの意見を聞くと相反する内容もあります。

どうしていくのかを後援会や総代会の皆様にちゃんと相談をして何に取り組んでいくのかを決めていく必要があります。

 

③報告を忘れない。

取り組む内容には時間がかかるものもあると思います。

そういった場合にはどういう状況にあるのか、いつまでにどうするのかを共有していく必要があります。

 

この三点の意図は、北野学区を良くしていくのはお住まいの皆様であり、その中で役割を分担しながら取り組んでいくことです。

みんなで北野学区をそして岡崎市を良くしていきたいと考えています。